大阪でのそういうわけで

大阪では、そういうわけでをいみする、ほな という表現を用いる事がある。ほな、だけでは、全く意味が分からないが、これは、さまざまなロケーションで使い分ける便利な用語とされ、ほなが使えるとが、立派な大阪人とされるという規定があるかどうかは、定かではない。ほなの意味においては、そういうわけで、それならば、では、うーん、という感じで、会話の内容によって意味が異なる事がおおい。京都では、ほんなら、という言葉して、使われる事もある。それは、もう売り切れです。という言葉に対して、ほな、こっちにしますわ。的な会話として用いられる事がおおい。関東でいうじゃぁみたいな表現をいみすることもある。言葉の感じが、やさしいので親しみやすいのもほなの特徴と言える。用途そして、一番おおいのが、英語の ウェル ゼンにあたるいいまわしであろう。結論をだすときも、ほな、これで行きましょということもある。また、仕方が無いという事を表す事もあり、ほなもおええわ。的に使われる事もある。京都風のほんならという表現のほうが、さらにそふとであるとされる。さようならの意味をふくむこともあり、ほなさいならを、ほなで表す事も一般的である。ほなという二文字には、そんな生活にまつわるさまざまなロケーションにより、意味がことなるので、使い方としては、難しい事でモアあるが、大阪人として、コミュニケーションをとるには、これは、マスターしたい。